♪最終回を迎えたアニメの感想♪

  • 2016/07/06 19:32
  • Category: ヲタ
2016年春期のアニメ終了~(^ω^)私が観た中では「毎回続きが気になるぅぅぅぅ!」級の良作も、「うう…つまんねぇぇぇこれどうしょうもないな~」級の残念作も無く、フラットな印象だったかな。

そういえば面白いと評判のリゼロを1クール終わった時点で一気見して追いつきました。キャラデ良いし確かに面白い(^ω^)

以下、感想です!



■うしおととら
90年代に少年サンデーで連載していた作品。作品名は知ってはいたけど内容は全く知らなかったので「うしとらを知る良い機会や~」と観てみました。

潮はアツく良いヤツで、とらはツンデレ可愛い。旅路で潮が助けた人や戦った人達が潮のピンチに駆けつける展開が王道ながら燃えました!!物語が進むにつれて伏線がどんどん回収され、「うしお」「とら」「獣の槍」などの点と点が繋がる感覚も凄い…!

1クール以上掛けて描かれたラスボス「白面の者」との闘いは絶望感が半端無く、しかしとどめを差した時は物悲しさすら感じ…最終回はたくさんグッとくる場面が散りばめられていて思わず涙してしまいました。名作に触れることが出来、アニメ化に感謝!!



■ばくおん!!
タイトルにも表れているように「けいおん!」のパロディ要素を多く含んだ女子高生バイク漫画。けいおんブームは落ち着いてるし、最近女の子×男子趣味(戦車とか戦艦とか)モノが流行してるし、「やるなら今!」なタイミングでのアニメ化だったと思います。

バイクのことを全然知らないのに観てみたら結構面白かった~!特に面白かったのがこの2点→「SUZUKIいじり」と「来夢先輩」。特に来夢先輩は顔も声も年齢も分からず…本当に謎でめちゃくちゃ面白いキャラでした。一体何者だったんだ…。。。



■坂本ですが?
原作漫画について「何でもそつなくクールにこなす男子高校生の話」と漠然とは知っていたんだけど、坂本君の生き様そのものが本当にクール!そのクールさをシュール&コミカルが描かれていて予想以上に凄く楽しめました!!

坂本君はブ男(失礼w)にもヤンキーにも近所の小学生にも誰にでも分け隔てなく接し、女生徒からだけでなく誰からも羨望の眼差しを受けているのが素晴らしい…!外見だけでなく中身もイケメンで素敵でした☆



■美少女戦士セーラームーン Crystal 第3期<デス・バスターズ編>
1・2期と大きくとキャラデザを変えてきてビックリ!!1・2期は原作準拠のテイストで、3期はかつてのセラムンアニメのテイスト準拠。「クリスタルは絵柄が苦手」なんて声をネット上でもセラムン展でも見かけた&耳にしたので、最初からこうしておいた方が良かったかも知れません(^ω^;)ずっと言ってるけど少女漫画のアニメ化って「少女漫画の繊細な絵柄をどうアニメ絵に落とし込むのか」が本当に難しいと思う。。。

さてデス・バスターズ編ですが、外部太陽系戦士中心で推しのジュピター含む太陽系戦士はかませ・モブ的扱いなのであんまり思い入れがありませんw



■甲鉄城のカバネリ
進撃の巨人のスタッフ制作のオリジナル作品。個人的にはベテランアニメーターの美樹本晴彦さん(中学の時画集買った♪)がキャラデザを担当し、すごーく艶っぽく色っぽい作画を最後まで堪能できたのが収穫でした!その作画を表現するために絵1つ1つに質感を施す「メイクアップアニメーター」を設けたらしい。凄いこだわり!

美麗な作画と戦闘シーンはグリグリ動いて見ごたえあったけどストーリー的には平凡なゾンビものだったかな。最終回はカバネ化した生駒VS無名が激戦の末に相打ち(あるいは生駒が命を投げうって無名を救う)、くらいのインパクトが欲しかったけどなんだかフツーな終わり方でした。続編を作りたいがための措置なのかな?



■マギ シンドバッドの冒険
「マギ」に出てくるキャラクター・シンドバッド王の若かりし頃を描いたマギの前章的な物語。様々な出会い別れ戦いを通じて、貧しい小さな村で生まれた男の子がどのように王にまで登りつめたのかが描かれました。

何と言うか「可もなく不可もなく」という印象。やっぱ本編の方がワクワク感が大きい。あくまで外伝なのでシンドバッドファンへのサービスという位置づけなのかも。



■迷家-マヨイガ-
「SHIROBAKO」「ガルパン」などを手掛けるヒットメーカー水島努監督の作品ということで期待してたんだけども…どうしてこうなった(AA略)www

人生やり直しツアーに参加した老若男女30人がひとけの無い村で生活することになり…という設定は、限界下に置かれ混乱してゆく人間模様がリアルに描かれるのかな!?と思いきやまさかのファンタジー寄りの展開で。ファンタジー要素が悪いとは言わないんだけどそれだと何でもアリになっちゃうからドキドキが半減。。。

とりあえず登場人物のほとんどがキ○ガイ過ぎてストレスがたまる作品だったwこれでも途中までは毎回続き気になってたんだけどね~ファンタジーが(ry




こんな感じでした。

<継続>
■ドラゴンボール超
■妖怪ウォッチ
■機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
■マクロスΔ
■境界のRINNE
■Re:ゼロからはじめる異世界生活

<新規>
●ベルセルク BS-TBS:7月1日(金)22:30~
●ラブライブ!サンシャイン!! BS11:7月2日(土)23:00~
●アルスラーン戦記 風塵乱舞/ 七つの大罪 聖戦の予兆 MBS/TBS系列:2016年7月3日(日)17:00~
●食戟のソーマ 弐ノ皿(2期)BS11:7月3日(日) 25:30~
●甘々と稲妻 BS11:7/5(火)25:30~
●NEW GAME!BS11:7月6日(水)0:00~
●初恋モンスター BS11:7/8(金)23:00~
●バッテリー フジテレビ:7/14(木)24:55~

ダンロン×2、はんだくんも余裕あったら観たいんだけど…本数大杉で無理や~(*_*)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://misakichi0404.blog108.fc2.com/tb.php/2771-63f334b3

Comment

つっち~母

「うしおととら」うちの旦那もめっちゃ好んで観てたよ。
最初はわたしは
うしお→潮
だと思ってて、海のお話かと思ってたよ。

ちら見だけど、そんな感動的なお話だったんだね。
  • URL
  • 2016/07/07 19:01

サキコ

>つっち~母

旦那さんも「うしとら」観てたのね~^^ちょうど私達世代の男性にグッとくる作品なので納得!
私はというと濃い絵柄が苦手で食わず嫌いだったので、今回アニメで観られて良かったよ!

うしおの漢字表記フルネームは「蒼月 潮」で、母親の佇む場所や最後の決戦の場所が「海」なので
つっち~母の推測もあながち外れては無いよ!!

力強くも切ない、名作でした~(T_T)
  • URL
  • 2016/07/07 20:14

横浜のサキコ

うしとら、私も内容は知らなかったので新鮮でした。
原作が一昔前にできていただけあって
ヒロインたちのお名前も時代を感じましたね。
〇〇子、って今はあまりいないのに
ダブルヒロイン両方、麻子・真由子だったし。
私くらいの年齢だとこのようなお名前はとても心地よくなじめます。

私、春作品の視聴はまだ残っていて
カバネリあとラスト2話で完走です。
多くのアニメをみていると、
溜めちゃってからがんばって観る感じのアニメが毎季1~2本はあるのですが
今季はカバネリだった。けっこう意外。良作とふんでたのになあ。
絵は最高!でしたけれどね。
ストーリーの質が絵の質についていってないから違和感があったのかも。
カバネリがなければ進撃の続きがもっと早く拝めたのではと思えてならない(+_+)
  • URL
  • 2016/07/09 10:58

サキコ

>横浜のサキコさん

やっぱうしとらって男子向け!ってイメージが強かったのであんまり触れる機会無かったですよね。
昭和の名作に触れることができて今回アニメ化してもらえて良かったです(^0^)

確かに最近はアニメ内でも名前がキラキラ化しているので
〇〇子という名前は時代を感じましたね!あと髪型とか、服装(ボディコン)とかw
あと白目に大して黒目が小さいデザインも90年代な感じがしました!

うしとらに続き、「人気があるけど中身知らない」枠として
今期私は『ベルセルク』観ようと思ってるんですが1話がグロくてびっくりしましたw

カバネリ。。。1話はワクワクしたんですけどね。ストーリー的に凡作に終わった印象です。
進撃スタッフが「俺達だけで作品作ろうZE!!」とテンション上がっちゃったんでしょうね(^ω^;)
その労力を進撃続編に注いで欲しかったものです。来年春でしたっけ?1期から4年とかヒドスwww
  • URL
  • 2016/07/09 15:51

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

FC2カウンター

プロフィール

サキコ

Author:サキコ
19780404生まれ A型
神戸市出身・現在静岡市在住

愛犬フースーヤとHikkiとしょこたんとアニメとゲームとガーデニングとネイルアートが好きです

入籍記念日

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索