FC2ブログ

最終回を迎えたアニメの感想

  • 2013/09/30 18:30
  • Category: ヲタ
最終回を迎えた作品の感想です。ネタバレありなので注意!!

■私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
130930_watamote_logo.jpg

最近よくアニメで「ぼっち」「ヲタ」設定なキャラクターがよく出てくるのですが、「全然ぼっちじゃねぇww」「そんな可愛くてヲタとかねーよ」と納得できないことが多かったりします。(←完全なる偏見ww)

しかし!この作品の主人公・もこっちは清々しいほどのぼっち・ヲタ・腐女子・ひねくれ者でで見た目もなかなか酷いw普通だとぼっちキャラって同情したくなるものだけど、もこっちの場合は性根が腐ってるからぼっちであっても自業自得だと思わざるを得ない。一応ぼっち脱却を試みるもののいつも変な方向性(妄想)に走るから、努力実らず。。

でもなんだか憎めないキャラなのはアニメだからかな。実際だとやっぱ友達にはなれないかもw


■Free!
130930_free_logo.jpg

京アニが放つ完全腐女子向けアニメ!…のはずが、腐女子ではない私も楽しめたし、ネットでの評判を見ても男性にも好評でした。作画は安定の京アニクオリティーだし、腐女子向けどうこう関係なく観てて面白かった!ターゲット以外にも受けたという点では以前のエントリでも書いた半沢・進撃に通ずるものがありますね。

円盤はビックリするほどの売れ行きだし、最終話のエンドカードに「See you next summer」と書かれていたので、来年2期あるでしょうね!楽しみに待ってマース(^ω^)

私の推しは赤眼鏡の怜ちゃん!陸上部から半ば強引に水泳部に入部させられたのに、最終回ではリレーメンバーを凛に譲って参加できなくて不憫でしたが、それを見て余計に株が上がりました。面白いしナイスキャラ♪


■銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
130930_maje_logo.jpg

良くも悪くも王道ロボアニメって感じでした。王道過ぎてあまり印象に残らなかったかもー(^ω^;)

「遺伝子操作によって生まれた子どもたち」て言う設定は興味を惹いたんだけど、イマイチその設定が生かされなかったような。メインキャラ2人が実は司令官と敵のDNAによって生み出された兄弟というエピソードは演出によってはかなりの衝撃になったと思うんだけど、ネタばらしがあっさりで「あ、そうなんだ~」となんか拍子抜けw他にも「見せ方を変えればよかったのに…」って箇所がいくつかあり、全体的に盛り上がりに欠けたように思います。ちとザンネン!


■銀の匙
130930_ginsaji_logo.jpg

分割2期でとりあえず1期終了。序盤は正直言うと夫婦そろって「う~ん…」って感じだったのですが、中盤あたりから面白くなってきたように思いました。都会育ちの主人公の農業を通じての成長・葛藤、周りの良き仲間たち…まさに「青春だなー!」て感じです!!一番好きなエピソードはピザ作りの回!みんなそれぞれ得意分野を生かして一つのものを作り上げる工程が凄く良かったです。

愛でていた豚を自ら食べることで一皮剥けた八軒君。2期での活躍も楽しみにしています!


■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(再)
130930_anohana_logo.jpg

本放送は4~6月放送だったんだけど、今回の再放送は7~9月。真夏のうだるような陽射し、じっとりとした湿度、そしてひと夏の幻(めんま)…今回真夏に放送することによりこれらがより引き立ったと感じました。観るの二回目だけどまた泣いたわ…。友人の死は悲しいし忘れることは出来ないかもしれないけれど、その友人の分まで一生懸命生きることが一番の供養になるんじゃないでしょうか。あぁでも切ないよ…。

初見の相方がすごーく気に入った作品でした。一人で劇場版まで観に行ってたw


■ダンガンロンパ
130930_dangan_logo.jpg

学園内で殺し合いをしあう、バトルロワイヤル的な作品。←こんな風に書いちゃうとなんちゅう恐ろしい作品なんだ!!って思っちゃうけど、少し幼めのキャラデザ、超個性的なキャラ、ユニークな敵(悪いドラえもんw)だからか、暗く陰湿な雰囲気ではありませんでした。

1クールに詰め込むのに無理があったのか、こちらが推理する間もなく超有能な主人公がどんどん謎を解明しちゃって「展開速すぎィ!」と思わざるを得なかったwwこれ原作ゲームだと自分で証拠集めたり推理したりして面白いんだろうなー。

で、黒幕は一番最初に殺されたと思われてた人だった訳ですが…。「かまいたちの夜思い出したわ。あれも一番最初に殺されたと思われてた美樹本って人が犯人やってん」と相方に話したら、「あー、両方チュンソフトだね」とwwまさかのチュンソフト繋がりwww実際は最初に殺されたのは替え玉だったみたいですが、手法としてはかまいたちに近かったのね。

…まぁそれはさておき、私の推しは格闘家のさくらちゃんと殺人鬼のジェノサイダー翔。きっと賛同は得られないだろうww


■Fate/kaleid liner プリズマイリヤ
130930_iriya_logo.jpg

Fate/Zeroが面白かったから観たんだけど。Fate/Zeroで主人公&味方だったキャラがこの作品では敵精霊として現れて「???」状態だった。両作品に繋がりはあるのか、それとも完全なパラレルワールドなのか、よくわかんなかった。

イリヤちゃん可愛かったけど美遊ちゃんに興奮して押し倒すとか、無いわーwそんな女子小学生いたら怖いわ!「可愛い女の子同士のイチャイチャが見たいんだろう?」と言わんばかりに萌えヲタに媚びすぎww2期は観ないかも。。


■進撃の巨人
130930_kyojin_logo.jpg

原作漫画はアニメ化により倍増し2000万部突破、BD&DVD1巻は8万枚目前、主題歌CDは20万枚突破。これ程までに「アニメ化大成功!」と言える作品もそうそうありません。アニメが始まる際「賞を取った作品のアニメ化だから気合い入れて作るだろうな~」と思ってはいたけど、まさかここまでのアニメ作品になるとは…脱帽です!!

一番の見どころはなんといっても立体機動シーン。スピード感MAXでアクロバティックな空中アクションがとにかく凄い。「このシーン作った人の頭ん中どうなってるんだ??なんでこんな表現ができるんだ??」と凄すぎて疑問を感じる程でしたwしかもこれを深夜アニメでやっちゃうってのが何とも贅沢。まさに劇場版クオリティ!

そんな立体機動を駆使した人間VS巨人の戦闘シーンがめちゃくちゃ熱かったなぁぁ…!人間VS人間とかロボVSロボの戦闘だと、今まで長いアニメの歴史で描きつくされてきたからどんなに激しく描いても「おーすごい」くらいしか思えないんだけど、人間VS巨人なんて見たことが無いから凄く新鮮で!一人で観ていても「すごっ!」とか声が出ちゃうほどに興奮しました!!

アクションだけでなく、各キャラも魅力的だし謎めいたストーリーにも引き込まれBGMも効果的。原作者の諫山創先生も積極的に参加しアニメ制作スタッフと一丸となって「最高の作品を作ろう!」という意気込みをビシビシと感じました。原作はまだ続いているので、続きをアニメで観られる日が来ることを期待しています…!(原作ストックが少ないので最低2年は先かな…w)

私の推しはアルミン!版権絵ではハブられ気味で「ハブミン」なんて揶揄されてるけど、私は応援してるよー(泣)!


■宇宙戦艦ヤマト2199
130930_2199_logo.jpg

名作として名高い宇宙戦艦ヤマトですが、主題歌を知ってるくらいで内容は全然知りませんでした。今回2199というリメイクを通じてヤマトを知ることができて良かったです!こんな壮大な宇宙の旅が約40年も前に描かれていたなんて、当時の子ども達が夢中になっていたのも納得です!

地球からイスカンダルへの道中はガミラスのしつこい邪魔があり本当に長~~い旅に感じたので、イスカンダル星が見えた時は凄く感動しました!!そして無事地球へ帰還できて良かったよかった…。最後は沖田艦長の命と引き換えにコスモリバースを使うことが出来て地球が救われたという解釈で良いのかな?沖田艦長…(´;ω;`)うっ

ゲームなんかでもそうですが、名作を今の世代に伝えるためにもリメイクは効果的だと思います。過剰なリメイク商法は好きでは無いですが、改悪の無い優良なリメイクは賛成です♪


<視聴継続中>

■物語シリーズ2ndシーズン
まよいキョンシーが今までの話の中で一番面白かった!一番好きなキャラ、ガハラさんの話も面白いといいなー!

■宇宙兄弟
クビにされた職場に協力を求めるなんて六太は器の広い男だなーと感心しました、ほんと良いやつ!そして日々人とシャロンおばさんの病気が心配(´;ω;`)

■聖闘士星矢Ω
最近あんまり話が進んでいないような(^ω^;)流す感じで観てます。。


さて秋アニメ視聴予定ですが…モンハン優先したいので数は抑え目にしようと思ってますw
・ヴヴヴ
・IS2
・キルラキル
・マギ
・サムライフラメンコ
・ガリレイドンナ
こんな感じで。
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://misakichi0404.blog108.fc2.com/tb.php/2223-c1f8f162

Comment

k/

まだ追いついてない作品もあるのでまだ全部は読ませてもろてないけども。

>> 「全然ぼっちじゃねぇww」「そんな可愛くてヲタとかねーよ」と納得できない

これには激しく同意する、ということだけ伝えにきた(笑)
もこっちはほんまリアルやったわー リアル過ぎて鬱になる位にw
  • URL
  • 2013/10/02 21:38

サキコ

>k/

同意ありがとうw
何故かアニメでは男ヲタ=現実に近く描かれる/女ヲタ=可愛く描かれる
傾向があって、納得できる女ヲタキャラが居なかったんだよね。
もこっちは文句ないよねwww

全部アニメ観終わったら改めて読みに来てね~(^0^)
  • URL
  • 2013/10/03 20:35

ねぎま@横浜サキコ

サキコ先生。
ダンガンロンパの推しが横浜サキコと完全一致してますww
ジェノサイダー翔は私の感想文ではあえて書かなかったけど
毎週会えるのを楽しみにしていたことをここで白状しますwww

夏クール豊作じゃなかった?
私、夏バテしてたくせにアニメのおかげで気持ちは保ってられましたわ。
その中でも銀の匙のピザの回は本当に良かったね。
夫によると、SKE48の松井玲奈ちゃんも絶賛してたらしいですよ。
あの中に混ざって一緒にピザ食べたかったな。
私は生地をこねる係でw

進撃はもう、神アニメすぎて
うちのブログでの感想どうしようって感じ。
よーく考えて書かなきゃ。マジどうしようw
  • URL
  • 2013/10/08 21:57

サキコ

>ねぎま@横浜サキコさん

ジェノサイダー翔好きなんて私ぐらいだと思ってたら身近にいたwww
流石シンクロ率100%www
舌を出しながら巻き舌で毒舌を吐く姿が面白くて面白くて
出るたびにニヤニヤして見てたww楽しいキャラだったよね(≧ω≦)

私は「ちはや2」「惡の華」「春の3大ロボアニメ」「魔王さま」があった
春アニメ終了後少しさびしかったんだけど、
夏アニメもなかなか面白い作品が多くて楽しめた~!
特にFree!はそこまで期待していなかったので収穫だったなぁ。2期も楽しみ♪

SKEの玲奈ちゃんもアニヲタだよね!
やっぱあのピザ回は評判良いんだね~みんなで1つのものを作り上げる工程が
凄く良かったよね^^私もあの中に混ざるなら食べる係でwww
実際、高校生が単身で都会から田舎に引っ越したら大変だと思うけど
八軒くんは素敵な仲間たちに恵まれて良かったよね。
高校卒業後はどういう道に進むんだろう?今後その辺も描かれるのかな。

進撃はほんと凄いアニメだったね!!!
新映像無しの総集編でも良いから劇場で流して欲しいレベル。
あのアクション、BGMを映画館で堪能したいわ~(^ω^)
  • URL
  • 2013/10/12 12:53

k/

あーやっと夏アニメ観終わって秋アニメに移行し始めれたわ。
というわけでお約束通り再登場〜

欲張ってあの花まで観るとかしてたから長引きました(<なお初見)
あれをみきひが気に入るとは予想外やわー。あれがツボにはまるんか。
ほいやったら同じ長井作品の「とらドラ!」も気に入るかな?
それもOKやったら今度は今季同じ原作者の「ゴールデンタイム」があるからそれも観てみたら…って際限ないな(^^;

夏アニメで爆裂したのはFree!やねぇ。
円盤売上半端じゃないし、今度出る公式ファンブックも異例の売上になるでぇ…(予言)
多分京アニは今後も腐女子向けの作品つくってくる事になるんやろうなぁ。
そういう意味ではのちのちターニングポイントとして語られる作品になるかもしれへん。罪作りなアニメやわw
  • URL
  • 2013/10/23 00:52

サキコ

>k/

おかえり~(?)。夏アニメ消化乙!!
 
あの花、一話観た時点でみきひがえらい気に入ってたわ。雰囲気が良いとか何とか。
改めて観なおしたら背景美術もキャラも美麗でうっとり。
(なので銀の匙の背景美術が物足りなく感じちゃったw)
とらドラ!は結構生々しい恋愛物やからどうやろう!?
女の子同士で取っ組み合いのけんかとかしてたよね?ドロドロしたのは好みちゃうかも?

Free!は良い意味で予想を裏切られたわ!個人的にはたまこまより面白かった~。
ターゲット云々関係なく面白いもんは面白い、そんなことを教えられた作品やね!
今まで萌え萌えした作品を作ってきたから今後は腐向けも増えるやろね!

さて今期視聴アニメは私はめちゃ少ないっすwキルラキル、ヴヴヴ、ノイタミナ2作品、物語。
IS2は作りが酷いから切ったったw
  • URL
  • 2013/10/24 20:34

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

FC2カウンター

プロフィール

サキコ

Author:サキコ
19780404生まれ A型
神戸市出身・現在静岡市在住

愛犬フースーヤとHikkiとしょこたんとアニメとゲームとガーデニングとネイルアートが好きです

入籍記念日

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索