映画「BLAME!」

旦那からのお誘いを受け、映画「BLAME!」を観てきました。

原作:弐瓶勉、制作: ポリゴン・ピクチュアズという「シドニアの騎士」布陣が送る劇場版アニメ。漫画連載自体は2003年に完結している模様。私は全くの予備知識を持たないまま観たんだけど…

めっちゃ面白かった(((o(*゚∀゚*)o)))

巨大都市に支配され、人間が駆除対象となったディストピアな世界観がたまらなかった。。。きっと映画は原作のほんの一部を描いたのみなのだろうけどぐいぐいと引き込まれました。映画では解き明かされなかった「ネット端末遺伝子」、誰が持っているのか持っているとどうなるのかめっちゃ気になる。。。

あと癒し系ボイスイメージの花澤香菜さん、早見沙織さんがクール系美女を演じていたのも新鮮で良かった♪

けどど~しても気になったのが、食料不足で飢餓状態にあるはずなのに女性キャラの胸がパッツンパツンだったのがwww「それ栄養行きわたってるやろw」と(^ω^;)www男性キャラ含めても誰も全然ガリガリしてないし、キャラの見た目だけでは飢餓感は感じられなかったなw

まぁそれはおいといて。思わず旦那に「誘ってくれてありがとう!」と言ったほどに楽しめた作品でした!2週間限定公開ということでレアなもん観られた♪


DAPNp8cVYAAqPZh.jpg
▲メインキャラ3人。

DAPeWPsUQAASVDC.jpg
▲入場者特典のフィギュアは霧亥でした!
スポンサーサイト

とと姉ちゃん最終回

toto1.jpg

0724d5b829446cb96c0200f5b546bcf6.jpg

今年の4/4から始まったNHK朝の連続「とと姉ちゃん」、本日最終回を迎えました。視聴完走した皆さま、お疲れさまでした!!(毎日の連ドラはほんと観るの大変やわ~w)

衝撃の展開!というものはなく比較的穏やかなストーリーで朝流れるのによいテンションのドラマだったように思います。中にはツラいことやイヤなこともあったけど常子の前向きさやバイタリティがあったから安心して観られました(^ω^)それにネガティブな出来事があったからこそ全部常子の成長や”小さな幸せ”に繋がっていると思えばそれすらも「糧」に思えます。

常子の決まり台詞と言えば「どうしたもんじゃろの~」ですが、家や会社に戻ってきた時に言う「ただいま帰りました~!」が好きでした。帰る場所がある、それも”小さな幸せ”(〃∀〃)

そしてそしてHikkiファンの私達にとって毎日「花束を君に」が流れるのが”大きな幸せ”でした!!毎日多くの方々(視聴率20%以上にあたる世帯数って凄いよね)がHikkiの歌を耳にしていたという事実…震えるぜ(T・T)



次の作品は「べっぴんさん」。神戸のファミリアが題材だから観たいんだけど先に書いたようにほんと観るの大変だから、「1週間まとめ」を観ることになるかな。いっぱい神戸の街が出てくるのかな~!

映画「君の名は。」

160828.jpg

映画「君の名は。」を観てきました。別の映画を観た時に流れた予告に興味を盛ったのです~!

一番印象に残ったのは美術背景の美しさ。リアルに描きすぎるとアニメ絵が浮いちゃうと思うんだけど、彩度が高め(色彩鮮やか)なので「リアリティがありつつも幻想的」な背景絵達が作品を彩っていました。飛騨の自然も新宿の高層ビル群も本当に美しかった…!!

キャラデザはアニメーターの田中将賀さん。「とらドラ!」で初めて知り、その後「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で一気に有名になったかと思いますが、私は「あの夏で待ってる」が一番好きでした(〃∀〃)「どちらかというとアニヲタ好きが好むキャラデザを描く方」だと思っていたのですが、今回の「君の名は。」でのキャラデザは普段アニメを観ない層にも抵抗の少ない絵柄に落とし込んでいると感じました。

で、ストーリーは感動的なんだけど、私はアニメを観過ぎている弊害(?)が出ちゃって…「ここ最近のアニメでよく見かけるほにゃらら系」に感じちゃいました(^ω^;)今期アニメでも何本かあるやつ。。。まぁでも一口にほにゃらら系とは言えない捻りもありそこは「おぉ!」と思いましたが、大きなくくりで見るとほにゃらら系かなーとw(※ほにゃららは自主規制)

あと「ここでこうなるということは結果はこうなる」みたいなアニメ的お約束も予測付いちゃって(^ω^;)ついつい余計な知識が邪魔をしてしまうーw

でもでも、伝統文化と人と人の繋がりを描いた胸がキュンとする良作でしたよ。もしかすると普段(深夜)アニメを多く観ない層ほど純粋にスッと心に響いて感動できる作品かも知れません!?基本的にアニメとか観ないけどジブリは好き、みたいな層にピッタリかと(^o^)

映画「シン・ゴジラ」

1470463765109.jpg

4DXで映画「シン・ゴジラ」を観てきました。

最初に庵野監督がシン・ゴジラを作ったと知った時は「なんでゴジラなん…。エヴァは?」と正直ガッカリしたし、特撮やゴジラに全く興味の無い私は観賞しに行く予定はありませんでした。

しかし!公開されてからネット上で見かける絶賛の声の数々!!なんだか私も観たくなってきたぞ…(テノヒラクルー)

そんなタイミングで、既に公開初日に観賞済みの相方が「土曜日にシン・ゴジラ4DXを予約しようと思ってるんだけど、行く?」とお誘いがあり「行く!」と即答しました(テノヒラクルクルー)

ネットで多くの方が「すごい」と言ってたように、「すごい」としか言いようがありませんでした。このすごいには色んなすごいが詰まってるんだけど私としては「これよく放映できたな」という意味でのすごい、が一番かな(笑)

混乱を極める、未知の生物ゴジラへの対応。ほとんどの日本人は何にインスピレーションを受けて描かれているのかわかるはず。その多くの皮肉に苦笑いせざるを得ないでしょう(^_^;)あんな感じだったよね、とw

ジリジリと暑い中、熱い作品に触れた1日でした。

1470465246708.jpg
▲おまけ。ドリー&ガッジィーラ

ファインディング ドリー

「ファインディング ニモ」の続編、「ファインディング ドリー」を観てきました!


観終わって一言…「クレイジー」!!


最新技術が結集されて作られた超美麗なCGの印象をふっとばす程のトンデモ展開!タコが活躍するのにイカれてる(褒め言葉)!!こんなストーリー思いつく人の脳みそどうなってんの!?「面白い」って言葉では片づけられない程に衝撃的でした。。。

登場キャラクター達は皆何かしらのコンプレックスを抱きつつも、強い気持ちで目的に向かって突き進む姿に勇気を与えられる人も多いんじゃないかな~と思いました(´;ω;`)素敵やん…

結構名作の「続編」や「スピンオフ作品」ってガッカリすることが多いんだけど、このファインディング ドリーは名作ニモに続く素晴らしい作品だと思いました(^ω^)大満足!

ふと。タコを悪魔として嫌う外国人はこの作品でのタコの活躍を見てどう思うのかな?!?笑

16-07-17-21-04-08-604_photo.jpg
▲パンフ。帰宅後じっくり読みました(*´v`*)さかなクンの視点がさすが!と思いましたw

16-07-17-13-44-00-411_photo.jpg
▲映画観なくても貰える自由配布のうちわ。

16-07-17-13-52-05-010_photo.jpg
▲入場時に貰えたシール♪

Pagination

Utility

FC2カウンター

プロフィール

サキコ

Author:サキコ
19780404生まれ A型
神戸市出身・現在静岡市在住

愛犬フースーヤとHikkiとしょこたんとアニメとゲームとガーデニングとネイルアートが好きです

入籍記念日

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索